0

夜勤に遅刻して辞めたいとなる新人看護師は非常に多い

看護師ならば仕事で夜勤をするのは当然ともいえます。
看護学校を卒業して就職してから、初めて夜勤を経験することになりますが、
はじめは夜勤に体が慣れないために、疲労感が強いです。
また夜勤に入る時の仮眠でも緊張して十分に休むことが出来ないということもありますね。

 

■ベテラン看護師と新人看護師の夜勤対応の違い

①ベテラン看護師の場合

ベテランになってくるとどこでも寝ることが出来るという看護師も多くなりますし、
自分の仮眠の取り方もわかってくるので、日勤が終了し、
夜勤に入るまでいつ寝ていつ起きるかというリズムが出来上がっています。

 

②新人看護師の場合

新卒の場合はそれがまだ手探りな状態なので、ちょっとしか眠れなかった、
また全く眠れなかったという人も少なくありません。

 

■新人看護師に多いのは、夜勤の遅刻

そんな中でも新卒にありがちなのは夜勤の遅刻ではないでしょうか。
自宅で親と暮らしている場合には、起こしてもらえるので、遅刻ということはあまりありえません。

しかし、1人暮らしの場合は、自分で起きるしかないですよね。
そのために、自分で目覚ましを勝手に止めていたなどで遅刻をする新卒もいるのです。

 

■新人看護師が夜勤で遅刻をするとどうなるか

そんな時には病棟から電話がかかってきます。
そして遅刻したことに気が付き、急いで出勤となるのです。

遅刻者がいれば申し送りができませんし、その人が来るまでナースコールの対応をしたり、
業務をしなくてはいけません。

だからほかの看護師にも凄く迷惑をかけてしまうのですね。
このような失敗をした時には、毎年新卒に語りつがれ、恥ずかしい思いをすることもあります。

そして新卒はそんなことにならないように自分は気を付けようと思うのです。
夜勤は慣れてしまうとどうってことないことなのですが、
新卒にとってはやはり重荷になる勤務ですし、緊張を強いられる勤務なのです。

そして毎年遅刻をしないように指導されるので、より緊張をしてしまう勤務なのですね。

 

■夜勤がどうしても合わない新人看護師は異動か転職をしていく

夜勤は普通の看護師は時間が経てば慣れるのですが、
どうしても夜勤に慣れることができない新人看護師もいます。

そういう看護師は体調を壊して休職し、
夜勤の無い科や外来勤務に移動することが多いです。

しかし、新人看護師が異動することは基本的には難しいので、
多くの看護師が転職していきます。

だいたいは夜勤がない職場への転職ですね。

私の知り合いで新人看護師時代に転職していった人は
ほぼ全員が看護師転職サイトを使って転職していきました。

このサイトでそういったことを詳しく書いているみたいなので、参考にしてみてください。

>>新人看護師お悩み相談室(辞めたい、辛い悩み、転職など)

相当詳しく書かれているので、おすすめです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です