0

男性看護師がいると会話が弾まない

私はずっと女性だけの職場で働いていました。
しかし一度だけ最近男性看護師と一緒に働いたことがあります。
その時感じたのは、やはり看護師の世界は女性だけが楽だなということです。

 

■男性看護師が初めて配属されたとき

当時私が働いていた病棟は整形外科であり、そこでは患者を移動させたり力仕事も多いので、
これから男性看護師を増やしていこうという意向で、まず始めに男性の看護師1名が配属されたのです。

はじめは女性看護師の誰もが男性看護に興味津々でした。
また仕事をするうえで男性看護師が凄く活躍してくれることもあり、頼りになるなとも思ったのです。

しかし私が一番変化があったと感じるのは、看護師同士の休憩時間です。

 

■休憩時間に男性看護師がいると、会話が弾まない

当然休憩室は女性専用というわけではないので、男性看護師も休憩室に入ってきます。
しかし男性看護師がいると、看護師同士の会話が弾まないのです。
何だか一つ一つの会話に気を使ってしまうのですね。

男性看護師は気を使ってあまり言葉を発せずに雑誌を読んだりして過ごしているのですが、
私たちは、女性看護師で噂話ばかりして盛り上がって…とか下品な話ばっかりして…
とか思われるのではないかと男性看護師の前ではつい会話を控えてしまうのですね。

本当は話したいことがたくさんあるのにもかかわらず。
それを繰り返すので、女性だけの休憩時間になった時にはそれはもう話は尽きません。

その男性看護師の話も当然話題に上ります。みんな思っていることは同じですね。
男性看護師の前では会話が弾まないということです。

 

■仕事終わりに飲みに行くことも少なくなった

あと仕事が終わった後に、飲みに行こうとか食事に行こうという声をかけることも
少なくなったような気がします。

それも男性看護師に気を使うからですね。
やっぱり私は働くなら女性だけの職場が気楽で好きかなあ。

 

■結局その男性看護師は辞めたいと言っていた

私たちが気を使っていることにその男性看護師も気づいていて、
それが辛くて半年ほどたった時に辞めてしまいました。

実際、3ヶ月経った頃に看護師長にその男性看護師が相談していたようで、
男性一人で入るのはやはりきつい、辛いという話をよくしていたようです。

確かに思い出せば、3ヶ月経った頃は男性看護師はかなり口数も少なくなっていた
記憶があります。

悪い人ではなく、優しい人だったのでかなり申し訳ないですし、
かわいそうなことをしたと思っています。

ここで言うのもおかしいですが、「本当に、ごめんなさい。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です