0

看護師のシーツ交換という仕事が好きです

看護師の仕事の中で、患者さんの使用しているベッドのシーツを交換をするという、仕事があります。

その仕事は、今では看護助手さんの仕事となりつつありますが、時々、看護師も手伝うこともあるのです。
その時、この仕事は本当に好きだなと、しみじみと思っています。

 

■患者さんのシーツを変える仕事が好きな看護師は私だけでした

そのシーツ交換が好きと言うのは、同じ看護師仲間からすると、とても変わっていると言われています。

その理由は、なんと言っても体力を使うからです。

そのため、できるだけほかの看護師はしたくないと思っているのです。
その反対に私の場合は、率先してするようにしているので、変わっていると言われても仕方がないところがあります。

 

■患者さんのシーツ交換が好きな理由は体を動かせるからです

私はそのシーツ交換について、体を動かすことが好きなのです。
看護師の仕事はだんだんと、あまり体を動かすことが少なくなっているのです。
そのほとんどは、看護助手さんが手伝ってくれるので、一人で看護師がしていた時と違って、
今では以前と違って動くことが少なくなっていると思っているのです。

そのため、シーツ交換などのように、おもいっきり体を動かすことができるのは、本当に嬉しいと感じます。
そして、元々、運動をすることが好きな私にとっては、最高の体の動かし方が出来ると思っています。

 

■患者さんの周りが綺麗になる事が看護師として嬉しい

そのシーツ交換をするもうひとつの理由は、なんと言っても患者さんの
身の回りを綺麗にすることができて、気持ち良いと思うからです。

患者さんのベッドのシーツを交換するとき、同時に身の回りの掃除など
もするようにしているので、その後はとても綺麗になっているのです。

その綺麗になっているところを見ると、患者さんに喜んでもらうことができます。
またそんな患者さんが気持ちよくなったところを見ることによって、
看護師自身も張り合いを感じることができるのです。

その後は、患者さんから必ずありがとうという言葉を聞かれるのも、嬉しいと感じることができます。

 

■シーツ交換を看護師はもっと楽しんでほしい

先にも言いましたが、ほとんどの看護師はシーツ交換が嫌いです。

ですが、私はシーツ交換をすることで本当に助かっています。
まず、身体を動かすことで気分が良くなり、
肌ツヤが良くなります。

また、患者さんと仲良くなれるので、お菓子がもらえます!

皆さんもぜひ、本気でやってみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です