0

【看護師の仕事】受け持ち患者さんの計画を立案することが好きです

看護師の仕事の中に、受け持ち患者さんの看護計画
を立案するという仕事があります。

そしてその仕事は、私に取って、患者さんのことを一番
考える時間として、とても良い時間であると思えたので、好きな仕事だったのです。

 

■患者さんが入院をしてきた時に、看護師が計画を立案する

その看護計画は、患者さんが入院をしてきた時に、まず立案をすることになっています。
ほかの看護師はその看護計画を立案することを苦手と思っている人もいて、後回しにすることが多いのです。

しかし、私の場合は入院をしてきた時に、どんな計画をあげようかと、既に頭の中で考えているのです。

そのため、悩むことなく、すんなりと立案をすることができました。

そしてその入院時に計画をした内容について、受け持ち患者さんに伝えること
になっているのです。

そのときも、患者さんに自分の考えをしっかりと伝える事ができるので、
とても嬉しいと思う事ができていました。

 

■患者さんの状態の変化に応じて変更する

そして患者さんが入院後、その患者さんの状態の変化に応じて、
その看護計画を変更していきました。

変更をすることによって、自分がその患者さんを把握して、動きやすくなるのです。

そのため、看護計画を変更したり見直したりすることは、私自身も患者さんの
状態をもう一度、アセスメントをしなおす機会であると思うようにしていました。

 

■患者さんが計画どおりよくなった時に看護師は感動する

そしてその受け持ち患者さんが、自分が立案した看護計画どおり、
状態がよくなった時、本当に感動することが出来ました。

そのときは、看護師をしていて、自分の能力が試されて良い報告に動いた時であると思っています。

そのため、看護計画によって、患者さんが良くなることもあるので、計画を立案するたびに、そのことを祈りながらいたのです。

 

■患者さんが退院の時に、再び感動。看護師をやっていて良かった

患者さんが色々な事があって、退院をする時に、再び、看護計画を
立案したことについて良かったと感動することができました。

そしてそのようにうまく行ったケースについては、今でも忘れる事はありません。

 

私はこれまで看護師として辞めたいというと思うこともたくさんありましたが、
結局今は、看護師として居kぃている今が他の死ですし、

患者さんの計画をりつあんして 感じるあの感動を何度も味わいたいと感じてしまっています。
看護師は最高のしごとです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です