0

【看護師の仕事】患者さんと話す時間が楽しくて好き

看護師として働いているとき、患者さんと話す機会が多くあります。
そしてその時、私の場合はじっくりと話したいと思っているのです。

それは、患者さんと話をする時に、短い時間では、看護師の方は
患者さんの事を、十分に理解することができないからです。

また患者さんの方も話をしたいと思っていても、何から話したらいい
のかわからないくらい、多くのことで悩んでいることもあり、その時間では話すことが難しくなるのです。

そのことから看護師も患者さんもじっくりと話すことを望んでいると言えます。

特に、患者さんが悲しんでいる時や、何か悩みを持っている時等、
そのことを知っていながら、時間がないと思って、話すことをあきらめてしまうときもあるのです。

そんな時には、もっと時間があればいいのにと、本当に辛い気持ちになります。

 

■看護師は患者さんと話すことができる時は達成感を感じる

看護師は、患者さんのことをわかっていると思っていても、
実は本当の気持ちの部分を理解していないことが多いです。

そしてその事は、患者さんとわかり合えていないことになり、
上辺だけの付き合いや挨拶となってしまいます。

すると、患者さんも看護師のことを頼りにすることが少なくなるし、
そんなものであると諦めらてしまいます。

その事は、とても辛いことであると思っています。

それは、患者さんの心身の状態を安定させることが看護師の仕事
であると思っているからです。

そのため、そのことを達成することができなかったら、看護師として充実感を感じなくなります。

その事から十分話をして、その患者さんの本当の気持ちを
理解することができたら、心のそこから理解し合えたと思って、達成感を感じる事ができます。

■患者さんはもっと看護師と話をしたいと思っている

私は時間があると、できるだけ患者さんと話すことにしています。すると、患者さんの目線にたつ事ができるのです。

そのことはとても大切な事です。医療者は、ともすれば自分勝手に動いてしまう事があります。
しかし、相手は人間なので、その気持ちを配慮した行動が大切で、それを行うためには、
やっぱり話をして理解することが重要であると思っています。

 

実際、全然話さない患者さんでも、話をすると一気に元気になって
どんどん笑顔を見せてくれることもあります。

患者さんと話をするときの話題としては
本当になんでもいいです・

病気のことも話しますし、
好きな食べ物のことも話します・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です